【必読】引越しが決まった。家は貸すか売るか?忙しい人のための決断のヒント

急な引越しが決まった。そのときあなたはまずどんな行動をとるでしょうか?


急に転勤が決まった!2ヶ月後には東京に引っ越さないと!

じゃあ、この家どうするの?

いつか戻ってくる時まで誰かに貸す?

いつ戻ってくるか分からないのに?売ってまとまったお金にした方が良いんじゃない?

  • 売るか、貸すか?
  • いくらで売るか、いくらで貸すか?
  • 売るなら、急いで家を片付けて内覧の準備をしないといけない!
  • 次の住まいはどこにするか?
  • 次の住まいの候補の内覧はいつにするか?
  • 転居先への引越しに向けてどこの引越し業者をおさえるか?

…などと、これからは短期間で様々な決断が必要になります。

ここからは慎重に、できるだけ客観的な意見を集めながら

あなたたちご家族にとって効率よく動いていくことが大切です。

売るか、貸すか、どちらにしてもプロに頼む必要がある

売るか、貸すか。

どちらの選択が良いのかどうかは、人や状況によって変わります。

売った方が良い場合

  • 早く新生活へのまとまった資金を得たい場合
  • 売却益が出そうな場合
  • このまま所持していても家の価値は下がっていくと予想できる場合
  • 築浅、もしくはリノベーション済で高値で売却できる見込みがある場合

など

貸した方が良い場合

  • 今の立地と生活環境が気に入っていて、売りたくない場合
  • 近い将来戻ってくることが確定している場合
  • 賃貸収入を得たい場合
  • 売ったお金を充ててもローンの残債をカバーできず、補填する自己資金が足りない場合(ローンの一括返済ができない場合)

など

一般的には、このような判断基準を元に選んでいくと良いでしょう。

どちらにしても、「売れない」「借り手がつかない」といったリスクを考慮しておきましょう。

急ぐ場合には、「適正な値段」に定めることが最重要です。そして、その「適正な値段」は各会社によって判断が違いますので、色んな会社に相談しながら聞いてみましょう。

今の持ち家、売るとしたらいくらになる?

売却価格の一括査定サイトで複数の会社の意見を聞く

fudousanikkatsusatei-image

【不動産会社に査定額を聞く時のポイント】

  • 希望の売却時期、売却額に応じた販売プランはどんな内容か、比較する
  • 会社&担当者との相性が良いかどうか、比較する
  • 自分の状況に対して一番信頼のおける提案をしてくれるところはどこか、比較する

売却の一括査定のサイトはたくさんありますので、ご自身で調べて利用してみてください。

一括査定サイトを選ぶときのポイントとしては、「提携会社が多い」ところを選びましょう。1回の申込みで複数社からの回答がもらえるので手間が省けます。

【参考サイト】イエウール(一括査定ができるサイト)

【補足】検索結果で「対応可能な不動産会社」が0〜1社のみだった場合

※居住地域によっては対応可能な不動産会社が少ない場合があります。

その場合はしっかりとした相場の比較ができないので他の一括見積査定サービスを並行して利用してみましょう。

●比較会社が少なかった時の参考サイト例
あなたの不動産、今いくら?「イエイ」

分譲マンションに住んでいるならマンション専門の会社に聞こう

【マンションナビの特徴】

  • 中古マンションに特化しており「売却・買取・賃貸」の同時査定が可能
  • いくらの賃料で貸せるのか、相場を簡単に比較できる
  • 提案数が多いので比較しやすく高値で売りやすい

マンションナビは、分譲マンション専門の一括査定サービスです。

  • 売却価格だけでなく賃貸した場合の査定額も知りたい
  • 急に移住が決まったので移住期間中だけ貸したい!

という方は参考になります。(所要時間45秒)
【参考サイト】マンションナビ(マンション売却に特化した比較サイト)

とにかく急いでいる場合には「買取」が一番早い

買取りは、一般に向けて買い手を募集するものではなく、会社が直接買取をするので一般的には売却益は少なくなると言われています。

ただ、時間のない方には確実に不動産の現金化ができるので好まれています。

「一度、一般的に売り出してみて、買い手がつかなさそうであれば最終手段として買い取ってもらう」という方法をとる方も多いです。

とにかく急いでいる場合は、
売却の依頼と同時に、買取の場合の査定額も聞いておくと良いでしょう。

家は売らずに一定期間家を貸すなら、賃貸の専門会社に聞こう

リロの留守宅管理(※首都圏限定)

【リロの賃貸管理の特徴】

  • いくらの賃料で貸せるのか、相場を簡単に比較できる
  • 急に戻ることになったときにも安心。貸出期間も柔軟に対応してもらえる
  • 身内から相続した物件でも賃貸相談OK

リロの留守宅管理は、分譲マンションや一棟アパート、一戸建ての「貸したい」ニーズに応える賃料一括査定サイトです。

  • 急に転勤が決まったので転勤期間中だけ貸したい!
  • 相続した家を貸し出したい!

という方に最適です。(所要時間30秒)
【参考サイト】ご転勤でご自宅から引越しされる方へ「リロ賃貸管理」

各専門家からのアドバイスはとても参考になります。

あなたにとって一番の方法を見つけましょう。

 

2017年8月のデータでは、新しく売りに出ている家は約14万件※あります。

近年では空き家問題も加速し、売却物件はどんどん増えてきています。

不動産は年数が経つにつれて評価が下がっていってしまうもの

なるべく損せず売りたいと考えている方は、現時点での不動産の評価額を把握した上で、どうすべきかしっかり検討することが大切です

※(公財)不動産流通推進センター調べ

【重要】一括査定サービスをうまく活用するポイント

「不動産を売却するとき」の成功ポイントは自分の家の「適正な価格帯」を把握して値付けすることです。

自分の家の適正な価格帯がわかっていないと

  • 購入希望の人に値切られてしまい、うまく交渉できなかった
  • 不動産屋に「確実に売れる値段で出しましょう」といわれ、安く買い叩かれた
  • 希望価格で売れるまで待つのが怖くて安値ですぐ売ってしまった

このように、大きな損をしてしまうこともあります。

一括査定サービスを上手く利用し、自分の家の適正な価格を把握しましょう。

不動産は取引額が最も高額な案件です。慎重に比較しましょう。

【重要】一括査定サービスをうまく活用する3つのポイント

①査定額だけで判断しない!

「一番高い査定額を提示してくれた会社が一番良い」とは限らないのでご注意ください。

  • 「なぜ、その査定額になったのか」という根拠をしっかり聞いてみる
  • 「理想の価格で売るための売却プラン」の提案を聞いてみる

②不動産業者を正しく選ぶ

不動産業者といっても、

  • 「大手不動産会社」
  • 「地域密着の会社」
  • 「売却に特化した会社」
  • 「賃貸も扱っている会社」

…などと様々な会社があります。

そして会社によって売るための方法も様々です。

自分の家を売るのに相性の良い会社を選ぶことが重要です

  • 会社の特徴やその会社が得意としている分野を比較する
  • 自分の家についてしっかり向き合ってくれているかどうか、担当者との相性を見定める

③適切な売却額を設定する

 

適切な売却額を設定することで、「なるべく早く、なるべく高く売却する」ことが可能になります。

  • 自分の家を複数の会社になるべく多くの視点で査定をしてもらう
  • 周辺相場を把握し、自分が譲歩できる価格幅をあらかじめ決めておく

不動産は大きな金額が動きます。

これらのポイントをしっかりおさえ、「自分に最適な方法」で取引できるように事前の下調べをしておくことが成功への近道です。

このページでご紹介したサイトのまとめ

  1. 売るとしたらいくら?相場が分かる比較サイト→不動産一括査定大手「イエウール」
  2. 相場が分かる比較サイト2→あなたの不動産、今いくら?「イエイ」
  3. マンションの相場が分かる比較サイト→マンションナビ
  4. 貸すとしたらいくら?賃貸相場が分かる比較サイト→ご転勤でご自宅から引越しされる方へ